健康講演CDシリーズ

自己啓発・ビジネスCD・テープパワーレクチャー
無料プレゼント!いますぐクリック!

パワーレクチャーホーム|お客様の声|FAQ|会員お申し込み|パワーレクチャー9つの特長|単品お申込み配送・お支払いなど|会社情報
*講演CD・テープ一覧(年度別)|講演者別一覧|オーディオブック(AudioBook)|会員単品|相互リンクについて|お問い合わせ
お勧め講演人気ランキング注目のシリーズ&セット商品世界情勢ビジネス経済関連政治関連自己啓発環境・科学

 健康講演CDシリーズ〜病気にならないコツとは?

健康講演シリーズ
〜病気にならないコツとは?〜

>>>その他シリーズ一覧はこちら



山田豊文
薬に頼らず自己治癒力で
健康に生活するには!


山田豊文氏
(杏林予防医学研究所所長)

山田氏は細胞の機能を高めることが最高の健康法になるとして
独自の「細胞環境デザイン学」を提唱。

この理論を幼児教育、医療、美容、スポーツなど
各分野で啓蒙・実践している。

日本は「いま深刻な未曾有の危機にある」と警鐘を鳴らす。

日本の医療費が年間40兆円弱に膨らみ、
3人に2人ががん、糖尿病が2千500万人、
更に親の子殺し・子供の親殺し等の現状を憂える。

>>>詳細はこちら


講演  を  個 

 


成井浩司
健康のすべては快眠から始まる!
睡眠時無呼吸症候群について


成井浩司氏
(虎の門病院 睡眠呼吸器科部長)

成井浩司氏は睡眠とりわけ睡眠時無呼吸症候群の治療に関する第一人者で、
力士や俳優などの治療にも積極的。

良い睡眠は健康と若さの秘訣。
食事、運動、睡眠が健康にとって重要と説く。

特に
「人生の3分の1の時間は睡眠時間で睡眠は健康長寿にとって重要」
と力説。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 

 


宇多川久美子
クスリが病気をつくる
〜クスリは「身体の声」に蓋をする〜


宇多川久美子氏
(薬剤師・栄養学博士)

宇多川氏は医学の凄さに惹かれて薬剤師に。

最初の頃は患者さんに薬を渡して
「良く効くと言われれば嬉しかった」という。

その宇多川氏が今「薬の害」を告発する側に回った。
何故か。

自身も15年ぐらい前までは1日15錠以上の薬を常用。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 

 


村上和雄

こころと遺伝子
〜「思い」が人生を創出する〜


村上和雄氏
(筑波大学名誉教授)

村上氏は遺伝子に関する権威で、 50年間、生命化学の研究に携わる。 現在はこころと遺伝子の相互作用に関する研究に 取り組んでいます。

講演では、こころが遺伝子に どんな影響を与えているかなど軽妙に紹介。

その一方で生き物の素晴らしさを説き、
イネの遺伝子解読の苦心談など話題は縦横に広まる。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 

 


朝田隆
認知症医療の現状と予防の可能性

朝田隆氏
(筑波大学医学教授)

朝田氏は認知症治療・予防の専門家として活躍しています。

朝田氏によると、昨年6月発表の認知症高齢者は462万人、
予備軍400万人、計862万人で、65歳以上の高齢者の28%に達する。

厚労省の予想を上回る増加で、
原因は日本人の寿命が延びたことによる。

「年齢が5歳上がるごとに認知症リスクは2倍になる」と指摘。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 

 

大塚貢 健康な心と身体づくりは
食事療法で決まる


大塚貢氏
(教育・食育アドバイザー)

大塚氏は長野県下の中学校長や市教育委員長などを歴任し、
授業内容の充実や給食の改善、花壇づくりを実践して
いじめなど非行中学校を優秀校に立ち直らせた実績をもっています。

大塚氏が長野県の中学校に校長として赴任した当時、
学校は荒れていた。

校舎の廊下にはバイクのタイヤ跡、散乱するタバコの吸殻。
不登校、いじめ、授業中の無断外出など非行の数々。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 


小栗哲久 感情のつき合い方で、
こころが軽くなる
〜その瞬間から、人は変わる〜


小栗哲久氏
(精神科医・八ヶ岳りんごクリニック院長)

小栗氏は大学卒業時に企業への就職が決まっていた。
しかし「何か違和感があり辞めて医者への道を志した」
という変わ り種。

島根県の離島や鹿児島のホスピスなどを経て、
今は八ヶ岳の森の中に移り住んでクリニックを開業し
ユニークなメンタルケアの診療にあたる。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 



安藤俊介 「怒り」に振り回されない豊かな人生

安藤俊介氏
(日本アンガーマネジメント協会代表)

今週は安藤俊介氏の「怒りの感情」についてのお話です。
同氏は「怒り」を研究する第一人者で
生活やビジネスの中で
怒りをうまくコントロールする方法を説いています。

安藤氏によると、アンガー(アングリー)は怒りを意味し、
マネジメントはここでは管理ではなく
「配分する」ことを意味する。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 


枡野俊明氏 禅が教える人の生き方

枡野俊明氏
(建功寺住職・多摩美術大学教授)

禅の奥義を説き、
この教えを私達が生きる上で如何に役立てるか、
心の奥まで沁み入る含蓄ある内容です。

一言一句に箴言の響きがあり味わい深い講演である。

禅とは
「本来の自己を見失わないようにすることが禅の正しい道」と説く。

本来の自己といわれる「仏」というものは身体の中、心の中にあり
「これを見出すために修行を重ね、その中心になるのが座禅」と解説。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 


昇幹夫氏 元気で長生き
〜驚きの笑いの効果〜


昇幹夫氏
(産婦人科医・元気で長生き研究所所長)

昇氏は月に10人ほどの赤ちゃんを取り上げる現役の産婦人科医。
講演では「笑いの医学的効用」について、
がんの話など笑いを誘いながら語った。

「昇語録」を紹介する

●現在は3人に1人ががんの時代。
がんになって残された時間をどう過ごすか。
大切なのは周りにいる人との過ごし方です。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 

 


奥村康氏 免疫と長寿

奥村康氏
(順天堂大学医学部免疫学特任教授)

0世紀は薬の「3種の神器」とされるビタミン、抗生物質(ワクチン)、
副腎秘質ホルモン(ステロイド)が発見された。

21世紀は「こころの世紀」といわれる。
気持ちのもちようで病気が左右されるということ。

人の性格と寿命の関係で、英国の心理学者がユーゴスラビアで
40〜50代の戸主を対象に調査した例がある。

目標を定めて達成出来なかった場合、
自分の責任と受け止める人には早死が多い。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 

 


 

真弓定夫氏 “超寿"の条件
〜医者いらず・クスリいらずの健康法〜


真弓定夫氏
(真弓小児科医院院長)

真弓定夫氏は自然流育児、自然流生活、自然流食育などを提唱し、
自ら経営する小児科医院でもこれらを実践しています。

冒頭で1945年の終戦を境に日本人の病気や食生活は
それ以前と比べて180度変わったと紹介。

その原因はアメリカが日本の伝統文化を壊して
日本の弱体化を狙った結果だと指摘した。

その上で日本独特の食生活や木造住居などが
如何に日本人の健康に適合しているかを説き、
欧米流の生活習慣との違いを浮き彫りにした。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 

 


 

久保田競氏 良く歩く生活で脳が若返る
〜40歳からでも遅くない〜


久保田競氏
(京都大学名誉教授)

久保田氏は京都大学霊長類研究所で脳の研究を行い、
歩いたり走ったりすることで脳が活性化する仕組みを解明するなど
大脳生理学の権威として知られます。

冒頭で「歩くことは人間の基本的な活動であり運動である」と宣言。

人間の身体や脳は生まれて20歳ぐらいまで成長し、
30歳台になると脳の容量が低下するという。

これを防ぐには歩き、走ることで前頭前野を刺激し
脳の働きを良くすることが必要になる。

>>>詳細はこちら

 

講演  を  個 

 


 

高田明和氏 責めず、比べず
〜禅と大脳生理学に学ぶ
幸せな生き方〜


高田明和氏
(浜松医科大学名誉教授)

高田氏は医学博士・生理学者で、
ブッダや禅など仏教の研究にも取り組んでいます。

講演ではまず大脳生理学について話し、
次いで釈迦(釈尊=ブッダ)の教えを説き、
最後に言葉(言霊)の威力について語った。

大脳生理学によると、人間の脳には相手の意図を知る
物マネ細胞(ミラー細胞)というのがある。

これは他人に対して責めたり優しくしたりすると
相手も同様の反応を示す細胞で、
相手を好きになろうとすれば
相手もこちらを好きになるという。

>>>詳細はこちら


講演  を  個 





小林弘幸氏 「自律神経のバランスを
意識的に調整すること」で
健康な身体になれる


小林弘幸氏
(順天堂大学医学部教授)

小林氏は講演で数々の「健康語録」を紹介し
「一度立ち止まって、
ゆっくり心に余裕をもつことが大切」と説いた。

まず健康とは何かについて。

末梢の細胞一つ一つに質のいい十分な量の血液を
供給出来るかということが健康の定義といってよい。

自律神経は生命のライフラインを司る神経で、
アクセル役の交感神経と
ブレーキ役の副交感神経がある。



>>>詳細はこちら


講演  を  個 




安保徹氏 免疫力を高める生き方
〜病気は低体温から始まる!〜


安保徹氏
(新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)

安保徹氏は免疫学の国際的権威として知られ
免疫学に関する発見など多くの研究実績があります。

安保氏はまず冒頭で人々に注意を喚起した。

「4、5年前から医師不足が言われている。
これは病気になる人が多過ぎるということ。

自分の健康は自分で守るということを知って欲しい」と訴えた。

近年は会社の人間関係などによる心の悩みや
長時間労働などに耐え切れずに病気になる人が多いという。
つまりストレス人間が増えているということ。



>>>詳細はこちら


講演  を  個 





講演写真は講師都合により
未掲載です
脳と心を強くする
良い食習慣・悪い食習慣


生田哲氏
(作家・薬学博士)

生田哲氏はアメリカの研究所や大学で遺伝子構造などについて研究。
1991年からは日本で医学、薬学などに関する執筆活動を行っています。

講演では最近、国内で起きた暗いニュースを例に挙げ
「日本人の思考力や判断力が低下している」と指摘。

日本人の行動がおかしくなったのは脳がおかしくなったからで
「その根本は食習慣の乱れではないか」と分析した。

その上で脳が本来の快適運動をするために必要な5大栄養素を挙げる。
それによると
@ブドウ糖の摂取
成人は1日に120gのブドウ糖を消費するので朝食は必ずとる



>>>詳細はこちら


講演  を  個 



安部 司 食品添加物から考える食の安全性と真の豊かさ

安部 司氏
(食品ジャーナリスト)

食品添加物の元日本ナンバーワンの営業マンだった安部司先生のこの講演は、
たくさんの反響をいただきました。

講演を聴けばわかりますが、実際我々は知らず知らずたくさんの添加物を食べているし、さらにその添加物入りの食品を支持しています。
>>>詳細はこちら

講演  を  個 



高田明和 「病は気から」は科学的に説明できる―心と体の不思議な関係
高田 明和氏(浜松医科大学名誉教授)

高田氏は脳と心の働きについて啓蒙的な著書を多く出し、またストレス対策などについても積極的に発言しています。

この講演では、ストレスが体と心にどう影響するか、その予防には何が必要かについて心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などを例に解説しています。
 
>>>詳細はこちら

講演  を  個 


大島清 楽しく歩けば脳年齢が若返る
大島 清氏(京都大学名誉教授)

この講演で大島氏が強調したことは、歩くこと、手を動かすこと、言葉や咀嚼(そしゃく)でアゴを動かすことが、いかに脳を刺激し、脳と身体の活性化に役立つか、という点に尽きる。

現在78歳の同氏は「毎日2、3時間ウオーキングし、週3回はそれぞれ千mを泳ぐ」という。「いくら年をとっても常に歩いていれば大丈夫で安心」ということを実践している形。

>>>詳細はこちら

講演  を  個 

※ご好評につき、テープは完売しました。
安保 徹 免疫の働きで知る予防医学のあり方
安保 徹氏(新潟大学大学院教授)

この講演で安保氏は、
日常の生活や健康を維持するために自律神経の働きがいかに重要であるかを力説し、それをコントロールすることによって病気はかなり予防できる、と説明。

病気になってから対処療法する前にまず生き方を変え、自立神経の働きを正常にするよう勧めています。
>>>詳細はこちら


※ご好評につき完売しました。

朝倉匠子
アクティブ・エイジング…魅力的な年の重ね方教えます!
朝倉 匠子氏(エイジング・ナビ総合研究所所長)

「少子高齢化という劇的な変化が新しい日本のこれからを作り上げる。

その流れにいち早く気づいて新しい意識のもとに行動し毎日を積み重ねていく人が人生の勝ち組になれる」「個人も社会もこれまでの年の重ね方ではダメ。特に50代、60代の人がこの先どういう意識で年を重ねるかが重要。
>>>詳細はこちら

メディア  を  個 
※ご好評につき、CDは完売しました。
垣添忠生 がん診療の最前線〜診断予防のすべて〜
垣添 忠生氏(国立がんセンター総長)

日本では現在、年間約30万人ががんで亡くなり、全死亡者の3人に1人はがんによる死亡で「重大な病気になっている」と説明。

しかも、生活習慣の変化に伴ってがんの発生パターンも変わり、胃がんや子宮がんが減って、最近は肺がん、大腸がん、乳がん、前立腺がんが増えるなど、欧米型の食習慣の影響が出ているという。
>>>詳細はこちら

講演  を  個 

小泉武夫 改めて見直したい日本伝統の食文化
小泉 武夫氏(東京農業大学応用生物科学部教授)

前半では発酵・微生物の効能と今後の用途拡大などを解説し
後半では発酵食品についての具体的な説明や
世界の食べ歩き体験を面白く紹介。
>>>詳細はこちら

講演  を  個 



村山貢司 気象病―天候がいかに健康を脅かしているか
村山 貢司氏(気象予報士)

人間の健康が気象の変化にいかに影響を受けやすいかを
具体的に説明し病気予防と日ごろの生活に大変役立つ内容です。

現在はストレス社会でもあるが気温や湿度の高低、気圧、日照時間など「気象の変化も大きなストレス要因になる」という。
>>>詳細はこちら

講演  を  個 

須貝佑一 脳を若く保って、ぼけを防ぐ生き方をしよう
須貝 佑一氏
(浴風会病院診療部長兼認知症介護研究・研修東京センター副センター長)

須貝氏によると、人間の脳には約140億個の神経細胞があり、これが減少して自然老化が進む。ただ認知症はこの神経細胞に病気が起こることで発症し、これが自然老化と大きく違う点である。
>>>詳細はこちら

講演  を  個 

※ご好評につき、テープは完売しました。



パワーレクチャー講演CDを聴くメリットとは?(収録時間80分)

メリット1.脳力アップに効果的!「読む」より「聴く」の方が脳を良くする。
「聴く」ことは、やる気の脳と言われている脳前頭前野を刺激するため
「脳に大変良い」という研究結果が出ています。

メリット2.苦手な分野が聴くだけで簡単に克服できる
苦手な分野もただ2、3回聴くだけで、苦労せず、簡単に克服できます。
ただ聴くだけで、知らず知らずに幅広い知識が身につくと共に思考力も向上します。

メリット3.公になっていない情報や知識が得られる。

一流著名人による本音トークを通じ、本、TV、インターネット、雑誌など、
マスメディアに載ってない生身の情報や知識がタイムリーかつ簡単に習得できます。

メリット4.限られた時間が有効活用できる。
たとえば、通勤の電車の中、車で移動中、 土日のウォーキングや散歩中、
仕事しながらも一流の知識が簡単に習得できます。
時間的、空間的な制約を受けないので、好きな時、いつでもどこでも簡単に聴けます。

◆アメリカ成功者、誰もが身につけている習慣とは?
CD・テープセミナー学習は、アメリカ企業のエグゼクティブの間では
当たり前の学習法ということをご存知ですか?>>>詳しくはこちら

【パワーレクチャー】単品購入について
【単品購入価格】:1巻3,300円(税込)
【送料】は無料です(0円)。
【お支払方法】: 代金引換(郵便)、クレジットカード(VISA、MASTER、NICOS)でのお支払いが可能です。
VISA MASTER NICO
代引き手数料】:260円です。
【配送日】: 平日のご注文は、当日もしくは翌日に、 金曜の夜以降、土日のご注文は、 翌週の月曜日より2日程度で、郵送により発送します。

メール便でのお届けになりますので、時間指定でのお届けはできません。予めご了承ください。
>>>より詳しい情報はこちらをご覧ください
海外から単品のご注文は別途送料がかかります。
送料については、ご注文の後、別途メールにてお知らせいたします。
【パワーレクチャー】お得な会員お申し込みについて
パワーレクチャーは、経営者、ビジネスパーソン、コンサルタント、医者、会計士、弁護士、税理士、など、勝ち続ける「人生リーダー」、「ビジネスリーダー」の方々が聴いている日本最大級新情報源提供システムです。  
わずか1本1,750円で各界第一人の自己啓発・ビジネスCD・テープ・が毎週届きます 会員リピーター率78%(2015年基準)!
⇒パワーレクチャー講演CDを聴く9つの特長と得られるメリットとは?
会員限定4つの特典
【特典1】。 最大47%割引
【特典2】。 講演収録無料参加
【特典3】。 すべてのバックナンバーが会員特別価格で購入可能
【特典4】。 10人の第一人者講演を無料でプレゼント!
(3万円相当!毎月抽選で20名様にプレゼントします)
⇒TOPビジネスパーソンが愛用しているお得な会員制度とは?
【パワーレクチャー】感動!お客様の声
“経営の大きな判断を下すとき、あるいはアイデアを考えるときに特に役立っています” (奥崎一成様 (株)タムロン)
“本音の部分の真タの情報が聞けて、目からウロコが落ちる思いも多々あ り” (商業・小売業経営 上野由夫様)

“他では決して得られない良質な情報と知識がたくさん”(山田和夫様 会社役員)
>>>お客様の声の詳細はこちらをクリック!
お客様の声
【パワーレクチャー】お問い合わせ先
株式会社暦日会 パワーレクチャー事務局
〒104−0031東京都 中央区 京橋 3−9−2
TEL:03−3517−1211(9時30分〜18時)
FAX:03−3272−1781(24時間OK)
※土日祝祭日の発送業務はお休みとさせていただきます。
メール等によるお問い合わせのご返事も上記と同様となりますのでご了承くださいませ。

ご要望、ご意見のある方は気軽にご連絡ください。あなたのご意見をお待ちしております。
>>>詳しくはこちらをクリック

個人情報取り扱いについて。
お客様からいただいた個人情報は、商品の発送とご連絡以外には、一切使用致しません。当社が責任をもって安全に保管し、 第三者に譲渡・提供することはございません。
>>>詳しくはこちらご覧ください
自己啓発・ビジネスをCD・テープセミナーで学ぶパワーレクチャーは、
経営者、管理職、ビジネスパーソン、コンサルタント、会計士、税理士、医師など、各分野で勝ち続けるトップリーダーが、ビジネスに、人生に役立てている日本最大級の自己啓発・ビジネス・講演CD・テープセミナーです。
単品販売お得な会員入会オーディオブック無料ダンロードもあります】

「知ること」はPOWERです!





”嫌われる勇気”著者岸見一郎氏
日本初の講演CDついに完成

「自由に生きるヒント」
<基礎編・実践編・質疑編>
完全保存盤
(3枚セット:3時間超収録)



詳しくはこちらをご覧ください。




パワーレクチャーサイト検索

お勧め講演CD一覧
人気講演CDランキング
注目の講演CDシリーズ

10人の第一人者の講演エッセンスを無料プレゼント。

パワーレクチャーメルマガ
のご登録はこちらから
e-mail

新規会員様 お申込みはこちら
新規会員様 お申込みはこちら
会員様カード決済画面
アメリカの成功者たち、誰もが身につけている習慣!音声学習のパワーの秘密を知りたくありませんか?
あなたがパワーレクチャーを聴く9つの特長とメリット
「勝ちつづける人と勝てない人の分岐点がここにある!あなたは知ることの真のパワーを本当にご存知ですか?
トップビジネスパーソンが愛用しているお得な会員制度とは?

オーディオブック
オーディオブック一覧

パワーレクチャーを聴く7つのメリットとは?
“講演内容の充実さと多岐にわたるテーマのバランス良さ ” (94%)
“一流の講師による本音トーク。 日常テレビ、新聞などマスコミでは得られない知識”(91%)
“通勤時の時間活用、ちょっとしたあき時間に簡単に聴ける” (87%)
“知識だけではなく、ものごとの考え方、とらえ方も学べて、世界をみる視野が広がる”(83%)
“脳力アップにも効果的!「読む」より「聴く」方が頭に残りやすい” (80%)
“時代を先取りした話題性” (73%)
“営業、プレゼンテーション、会話など話の種がつきない” (66%)

>>>詳しくはこちらをクリック!

お客様の声はこちら
”私が今あるのは、パワーレクチャーで広がった視野・見識のおかげ・・・” 【桐生尚彦様 会社員】
”私が今あるのは、パワーレクチャーで広がった視野・見識のおかげ・・・”
 【桐生尚彦様 会社員】
 
“視野を拡げるのに非常に役立っています”【佐藤親太様(株)エイブルワーク 取締役相談役】 
“視野を拡げるのに非常に役立っています”
【佐藤親太様(株)エイブルワーク 取締役相談役】 

“経営の大きな判断を下すとき、あるいはアイデアを考えるときに特に役立っています”【奥崎一成様(株)タムロン】
“経営の大きな判断を下すとき、あるいはアイデアを考えるときに特に役立っています”【奥崎一成様(株)タムロン】

>>>詳しくはこちらをクリック!

パワーレクチャーについて
アメリカ在住女性Catherine Swiftさんからの手紙!
会員お申込みフォーム

【運営会社】教育関連事業
41年の実績を誇る自己啓発・ビジネスCD・講演CD・テープ
<株式会社 暦日会>
〒104-0031
東京都中央区京橋 3-9-2
TEL 03-3517-1211
FAX 03-3272-1781

お客様の声  ◆FAQ  ◆パワーレクチャー9つの特長  ◆会員お申し込み  ◆継続会員お申込み  ◆会社情報

単品お申込み配送・お支払いなど  ◆講演CD・テープ一覧  ◆講演者一覧  ◆分野別一覧  ◆オーディオブック

  ◆人気ランキング  ◆会員単品  ◆相互リンクについて  ◆お問い合わせ

特定商取引に関する法律に基づく表示  ◆自己啓発・ビジネスCD・テープパワーレクチャー

Copyright(C)1999-2017 power lecture All Rights Reserved.